台風が近づいた時の頭痛の対処方法について。

私は台風が近づくと頭痛が起きてしまう体質です。

台風は自分の住む地域に近づいた時だけでなく、比較的遠方に来ているという場合でも私に影響を与えてしまうことがあります。

最初にそのような症状に気づいたのは今から20年ほど前の学生時代のことでした。

台風の近づく中、大学に通学していた途中で頭痛を感じてしまい、電車を降りて自宅まで引き返したことがあったのです。

最初は台風と頭痛との関係に全く気付かなくて、頭痛を感じるたびに市販の鎮痛剤を服用していました。

しかし、頭痛はよく夏場に起きているということ、天候不良の時に限って頭痛を感じていることが多い、と気付いたので、自分の頭痛の原因は台風であると推定しました。

最初にその症状に気づいてから約10年間は、頭痛が起きるたびに自分で鎮痛剤を服用していたのですが、29歳の時に妊娠して妊娠初期が夏場に当たってしまったということもあって安易に鎮痛剤が服用できなくなりました。

その時に初めて医師に自分の頭痛のことを相談し、特定の時にしか頭痛を感じないということもあって、妊娠中でも服用できる鎮痛剤を処方してもらい服用することになりました。

ただ、いかに医師から処方されていても、お腹の中の子どもにとってはいい影響を与えないだろうと思って一度も服用しないままでした。

その代わりに頭痛を感じた時には、できる限り横になって休むようにしていました。

妊娠を機にちょうど仕事は辞めていたので、体調不良を感じた時にはいつでも休めたのです。

そうすることで鎮痛剤を服用しなくても頭痛は治まるようになっていきました。

そして出産以降はなぜか以前よりは台風が原因で頭痛を感じることは減ったのですが、それでも子どもの世話などでほとんど就寝できなかった時など極端に睡眠時間が減少したときは今でも台風の影響による頭痛を感じることがあります。

今は妊娠中みたいに頭痛を感じた時に休むというのは難しいので、症状を感じた時には別の医療機関で処方された漢方薬を服用するとともに、寝られる時にはきちんと寝て台風による頭痛の予防に努めています。