私が調べた、低気圧による頭痛が生じるメカニズムと対策

「天気が悪いと頭がズキズキする!」

「頭が痛くて、めまいがする、吐き気を催す。」

「目を開けているのも辛い、仕事に集中できない。」

このような症状を体験された方は数多くいらっしゃるのではないでしょうか?

私も上記のような症状に長年悩まされているうちの1人です。

今にも雨が降りそうな曇天の日、台風などで気圧が不安定な日、このような日に頭痛が起こりやすいです。

こういった日は低気圧と呼ばれ、低気圧によって起こるこうした頭痛は、低気圧性偏頭痛または気圧変調性頭痛などと呼ばれます。

低気圧による頭痛の原因と対策

原因

血管の膨張

低気圧によって頭痛が生じるメカニズムは、要因の一つとして「血管の膨張」があると考えられています。

低気圧のために、周囲の空気から身体にかかる圧力が下がると、全身の血管が緩んで膨張します。

その中でも脳の血管が膨張すると、脳の中でも最も大きな神経の三叉神経に触れ、刺激が生じます。

そのせいで、血管の脈動に合わせて、ズキズキと脈打つような痛みが生じると考えられます。

低血圧症状

二つ目の要因として考えられるのは、低気圧により血圧も低下し、低血圧症状になった場合と考えられます。

血行不良による眼精疲労、肩凝り、倦怠感など、皆さんもご経験があるのではないでしょうか?

血液の流れが滞ると、肩や首周り、その他全身の筋肉が緊張し、強張ってしまいます。その結果、血液障害が生じます。

この血液障害が長時間続くと頭痛に繋がりやすくなると考えられます。

自律神経の乱れ

さらに、三つ目の要因として上げれるのは自律神経の乱れです。

自律神経とは

  • 緊張、興奮を司る「交感神経」
  • リラックス、弛緩を司る「副交感神経」

という、二つの神経がバランスを取り合って成立しています。

このどちらか一方がバランスを崩すと体調不良を来たす要因になります。

低気圧により、血液循環が悪くなると、体がそれを察知し、副交感神経が強く活動を始めます。

これにより、頭がぼーっとする、身体が怠い(倦怠感)、眠気が生じ、次第に頭痛へと発展していきます。

酸素濃度の低さ

最後に、要因の四つ目としては、酸素濃度が下がることが原因とされています。

これに通ずるものとして、登山者が発症しやすい発症しやすい「高山病」が上げられます。

この他にも症状など、個人差はあると思われますが、上記の四つが主な原因と考えられます。

対策

低気圧による頭痛への対策としては、4つあります。

①鎮痛剤を早めに飲む

個人によって、効きやすいものがあるので、ご自分の体質に合ったものを選んでください。また、早めに内服するのが効果的とされています。

②冷やす

保冷剤や冷えピタなどで、首やこめかみなどを冷却すると良いそうです。

③暗くて、風通しの良いところで横になる

起きているだけでも辛い場合が多いかと、、、身体を休めるのが一番効果的だと思われます。

④乗り物酔い用の薬を内服する

低気圧による自律神経の乱れを改善するという意味で効果的だとされているそうです。

 

低気圧による偏頭痛は主に女性が発症しやすいそうです。

ご自身の普段の生活の中で、どのようなときに頭痛が起こるのか把握し、ご自身に合った対応をしていくことが重要になってくると思われます。

近年、頭痛外来へ受診される方も多くいらっしゃるようです。

ミントの香りを嗅ぐと治る!?という説もあるそうです。

ご自身に合った方法で、低気圧による偏頭痛と向き合っていきましょう。