寒い季節や暑い季節、そして雨が続く時に頭痛になる。

私は天気や気温によって頭が痛くなることがあります。

  • 寒い季節(寒い場所から暖かい場所に移動した際)
  • 雨の天気(特に夏のジメジメ雨)
  • 暑い季節(夏の直射日光が苦手)

まず、寒い季節に頭痛が増えます。

特に頭痛を誘発するのは、寒い季節に体が冷えている状態でいきなり暖かい部屋に入った時などです。

寒暖差がよくないのかもしれません。

冬は、ただでさえ体調を崩しやすい季節なのに、頭痛まで起こりやすいので、私にとっては苦手な季節です。

しかし頭が痛くなるのは冬だけというわけではありません。

季節に関わらず、雨がたくさん降っている時も頭が痛くなりやすいです。特にジメジメとした夏の雨は、頭痛が起こりやすいと感じています。

最近では、温暖化により急激な雨が何日も続いたりすることがありますが、そうした時にも頭が痛くなりやすいです。

雨の時にはどこにも行けないので、出かけて気晴らしをして頭痛を紛らわすということができずに、頭痛を悪化させてしまいます。

気分まで冴えなくなるので、本当に雨はできるだけ降らないでほしいと思います。

雨で頭痛が続き、気分まで塞ぎがちになるので、雨が上がったら、必ず外に出て太陽の光を浴びて気分が回復するように努めています。

また暑いときにも、頭がクラクラして頭痛になりやすいです。

子どもの頃はそうでもなかったのですが、大人になると夏の頭痛が顕著になりました。

暑い季節の直射日光がどうやら頭痛を起こしているようです。

結局、雨が降っても、晴れても、そして、寒くても暑くても頭痛になってしまう私。

外部環境が大きく変わるタイミングで頭痛になるということなので、季節や天候の移り変わりがなければいいのにな、と時々考えてしまいます。

天気や季節は、どんなに自分が努力してもコントロールすることはできないので、天気や季節による頭痛を予防したり避けたりする術がなくて、困りますよね。

私の場合は、天気や季節以外の、自分でコントロールできる要素を探して、少しでも頭痛が発生しないように、努力しています。

例えば、苦手な季節や苦手な天候の時には、

  • お酒を飲まない
  • 寝不足にならない
  • 疲れを溜めない

などです。

これで、ほんの少しは頭痛を減らせていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です